ラコステはシグネチャーワニを絶滅危惧種に置き換える

ラコステは、絶滅の危機にある動物の危機意識を高めるために、その特有のワニの代わりに一連の異なる種を植え付けました.

「Instagramに明らかにされたブランド、国際自然保護連合との提携を通じて、ワニは10種の絶滅危惧種に象徴的な場所を残しています。 「各シリーズで生産されるポロの数は、野生の残りの個体数に対応しています.1775ポロの1つを購入することにより、世界中の野生動物保護のためのIUCNとラコステの支援に参加します。

この記事をInstagramで見る

ワニは、国際自然保護連合とのパートナーシップを通じて10種の絶滅危惧種に象徴的な場所を残しています。各系列について生成されたポロの数は、野生の残りの集団サイズに対応する。 1775のポロを買うことで、世界中の野生動物保護のための戦いでIUCNとラコステを支援することになります。ヨーロッパの一部の国と米国のみで利用可能 – バイオのリンク。 #LacosteSaveOurSpecies

Lacoste(@lacoste)が共有した投稿

注目されている種の中には、スマトラトラ、ジャバン・ライノ、カカポ・オウムがあり、世界各地の自然保護連合(IUCN)の活動を支援するシャツの販売からの収入がある.

ラコステの85年の歴史の中で、ワニが交換されたのはこれが初めてであり、ファッションブランドとIUCNの3年間のパートナーシップの始まりです.

今週のパリ・ファッションウィークのキャットウォークで上映されたラベルの秋/冬の2018コレクションには、世界で最も脅かされている10種.

この記事をInstagramで見る

10種類の絶滅危惧種に捧げられたプリント������@felipeoliveirabaptista#LacosteFW18

Lacoste(@lacoste)が共有した投稿

Loading...